2018年03月11日

フィギュア女子も4回転時代? ロシア・トルソワ選手が2回も跳んだ

衝撃!!
そんな言葉がピッタリのニュースがありました。

ブルガリアで行われたフィギュアスケート女子の世界ジュニア選手権のフリーで、ロシアのトルソワ選手が違うス種類の4回転ジャンプを2回跳んで優勝しました!(^^)!
ちなみに優勝した得点は、225.52点でダントツ。
4回転を2回も跳んでノーミスなんだから当然のジュニア世界最高点でした♪

過去女子で公式戦で4回転を跳んだひとは、かなり前に日本の安藤美姫選手が4回転サルコーを決めてるみたいだけど、今回トルソワ選手はそれプラス4回転トーループも成功〜(^O^)/
内容だけだったら男子?って思いたくなるくらいの得点ですよね。

こんな凄い演技を動画でみたいって探しまくったらアップされていますね♪
「トルソワ 世界ジュニア選手権」ですぐ見つかりました。
ナイスっ〜(*^^)v

2位にもロシアのコストルナヤ選手が200点越えの点数がはいっていて、平昌オリンピックでもロシアのザギトワ選手とメドベージェワ選手が金と銀を獲得に続いてフィギュアスケート大国の強さをあらためて思い知った感じです。。

平昌五輪・金のザギトワ選手は15歳。
銀のメドベージェワ選手が18歳。
今回世界ジュニア選手権・金のトルソワ選手が13歳。
銀のコストルナヤ選手が14歳。

とロシア勢の皆さんはまだまだ若い〜(◎_◎;)
これは次の冬季オリンピックの北京五輪でワンツースリーフィニッシュで表彰台独占も夢ではないと思いました(^O^)/

今回の大会でトルソワ選手が見せた演技で、フィギュア女子も男子に続き4回転時代に突入ということもありえるのではないかと予想しています。
ロシア勢で彼女に続く4回転ジャンパーがでてくれば一気にチャレンジする選手も増えてくるのではないでしょうか?
彼女はトリプルアクセルもチャレンジするようなので完成して安定すれば男子のプログラムと遜色がなくなっちゃいますね(^^;

これに追随する日本人選手はいるのか?
今回同大会で3位にはいった山下真瑚選手や平昌五輪で急成長を遂げた坂本花織選手。
ジャンプでいえば、難易度の高いトリプルアクセルを成功させている15歳の紀平梨花選手も注目ですね♪
彼女なら4回転いけそうな気もします♪

回転数の多いジャンプが主流になった場合、心配なのはケガなんで、そこら辺は十分ケアして欲しいところですね('ω')ノ

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ  
posted by スーチー at 11:06| Comment(0) | 芸能・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スーチーの日記」の先頭へ